庭に生えてきた雑草は草刈しないといけない|専用の道具を利用しよう

園芸

庭を綺麗に保つために

剪定

管理をしない庭は

剪定は、庭に生えている樹木の枝などを適切に管理することを指しますが、剪定をしなくても枯れることはほとんどありません。また、花や実を付ける樹木も、剪定をしなくても季節になれば花が咲きますし、実をつけます。庭木の剪定が必要な理由として、一番大きなものは庭を庭らしく保つことです。庭の本来の役割は、樹木を茂らせておくためではなく、住んでいる方が見て楽しむためです。花や実を付けない種類であっても、綺麗に枝が整えられた樹木は、そうではない樹木と比べて美しいと感じるものです。また、花や実を付ける樹木は、適切な季節に剪定することによって、その後の花の咲き方や実の付き方に大きく影響を及ぼします。花は綺麗に咲いて、実は大きく、量も多くなった方が良いです。

それぞれのタイミングとは

剪定で最も気をつけなければならないことは、そのタイミングです。枝を切った直後は特に変化は見られませんが、タイミングを誤ってしまうと、本来花が咲く季節に花を付けないことや、実を付ける季節に付けないことが起きてしまいます。その理由は、少し見ただけでは分かりにくいものの、樹木はゆっくりと花を咲かせ、実を付ける準備を進めているためです。そのため、準備が始まってから枝を切ってしまうと、花や実の基となる部分を落としてしまうことになるのです。適切なタイミングで行うことで、不要な枝に取られていた栄養を必要な部分に使うことができるため、樹木はより元気になります。それぞれの樹木によって剪定のタイミングは異なりますので、調べながら進めていきましょう。